お腹というのは、ダイエットしていてもなかなかお肉が減らない場所です
なぜなら、お腹は内蔵を守るために、なるべく脂肪をつけて衝撃から守っているから。


お腹につく皮下脂肪や内臓脂肪は、実は大切な臓器のクッションとなっているのです。


ダイエットすると、最初に痩せていくのは顔の輪郭や、足首、手などの体の末端部分から。
体の中心であるお腹は、最後に痩せます。


それは仕方のないことなので、お腹のお肉を取るためにダイエットしている人は、長いスパンでダイエットを考える必要があります。


でも安心してください!

末端部分をさしおいて、

最初にお腹をスリムにすることはできます!



どうするかというと、腹筋をすればいいんです。

腹筋運動を行うことで、運動不足で萎えた腹筋を鍛えることができるため、ウエストまわりが締りますから、ウエストは細くなります。


きついトレーニングをすると、人によっては10cmくらい細くなる人もいるほどです。

1日に100回を目標に、1ヶ月行ってみましょう。
1日に100回といっても、いっぺんにやる必要はありません。

午前中に20回、お昼に20回、夜に残りの60回を何回かに分けて行うなど、トータルで100回になればいいのです。
1度に10回ずつを10回に分けてもいいですし、出来る人は50回を2回に分けてもいいわけです。


合計が100回になれば大丈夫

だいたい、10日ほど続けてみるとウエストまわりが細くなってくるので、効果を実感できるはずです。

ただし、皮下脂肪が燃えてなくなったわけではないので、体重そのものはさほど変わりはないと思いますが、手っ取り早くウエストを細くするには、もっとも最速で効果が出るのが1日合計100回の腹筋です。


また、腹筋が強くなると代謝も良くなるので、徐々に痩せやすい体に変わっていきます。

また、腹筋を鍛えるということは、体の中心である「体幹」を鍛える事になるので姿勢が良くなり、姿勢がよくなれば歩いたりするたびにカロリー消費も多くなるので、ますます代謝が良くなって痩せやすい体に変わっていきますよ。