お好み焼きとかもんじゃ焼きとか、いわゆる”粉モノ”と言われる食べ物は、一般的には

太る食べ物

という認識が強いと思います。


お好み焼きやもんじゃ焼きそのものは、別段太るような食材は入っていません。

小麦粉は太りそうですが、脂肪分は少ないですし、キャベツは食物繊維たっぷりでローカロリー、豚肉は脂身が多ければカロリーはありますが、それでも全体で500kcal前後でしょう。


問題は、中に入れる焼きそばや、かけるソース、そしてマヨネーズです。

焼きそばを入れるだけで、200kcalが上乗せされます。
ソースはたっぷりかけるほうが美味しいので、これで更に100kcalの上乗せ。
マヨネーズもかければ、更に100kcalの上乗せ。


これにチーズなどのトッピングをしたら、レギュラーサイズのお好み焼き一枚で、1000kcalを超えることも。

特に広島風お好み焼きは、必ず麺類が入っているのでカロリーは高めですし、広島の人はお好み焼きが大好きなので、ダブルを頼むひとが多いため、1食分で1500kcalなんてことも・・・。


麺類や小麦粉のような”炭水化物”は、体内で「糖分」に変化します。

糖分は、体を動かすためのエネルギーになるので、必要不可欠な栄養素なんですが、体を動かす以上に摂り過ぎて余った糖分は内臓脂肪や皮下脂肪へと変わり、エネルギー源のストックとなるから太るわけです。


でも、お好み焼きが大好き!もんじゃ焼きも大好き!
太るのはいやだけど、やっぱり食べることをセーブできないっ!


そんな人は、お好み焼きを食べるチョト前に、体内で”炭水化物が糖分に変化しないようにジャマする成分”を胃の中に入れておけば良いのです。


その”ジャマする成分”というのが、メタバリアの主成分である「サラシアエキス」


糖分が腸壁から体内に吸収されるためには、「α-グルコシダーゼ」という消化酵素が、糖分を吸収されやすいように加工しちゃうんですが、サラシアエキスは「α-グルコシダーゼ」の働きを封じ込める働きをします。


食べた分の糖分(炭水化物)が、体内へ吸収されにくくなるというわけです。


お好み焼き、もんじゃ焼き、ラーメン、うどん、パスタ・・・

美味しいものは大概、炭水化物たっぷりの料理ですよね!


炭水化物を食べる前にメタバリアを飲んでおけば、カロリーたっぷりの食べ物をつい食べ過ぎてしまっても、実は体内で思ったほど吸収されていない、という状態を作ることが可能です。


特に代謝の落ちる40代以上の方で、お好み焼き大好き!ラーメン大好き!な人、メタバリアを飲んでおけば、後々の安心感が全く違いますよ。


飲めば痩せる!メタバリアの”納得”の原理についてはこちらから