富士フイルムのメタバリアは、いつ飲むといいのか?
様々な意見がありますが、メタバリアの発売元「富士フィルムヘルスケアラボラトリー」に電話取材したところ、

食事前の15分〜20分前に、多めのぬるま湯で飲んでください

とのこと。


胃の中でメタバリアをしっかりと溶かしてから食事をすることで、サラシアエキスやカテキンが、糖分の吸収をジャマしてくれるからだそうです。

特に炭水化物の料理には、効果を最大限発揮できるはずです。

あなたもラーメンやお好み焼き、うどんにパスタ、大好きなのでは?


つまり、食事が胃に入ってきたとき、メタバリアの脂肪吸収阻止成分は、胃の中で「手ぐすね引いて」待っている状態が作られている、ということ。

サラシアやカテキンは特に、脂肪分の体内吸収を阻害するという特徴をもっています。

脂っこい食事や、糖分が大好きな人にとっては、肥満防止の大変強い味方になってくれるはず。

もちろん、食べ過ぎなければそんな心配はいりませんし、メタバリアのお世話にならなくても済む話なのです。

ほかにもカテキンや、タマネギの外皮エキスであるケルセチン、クロム酵母、赤ワインポリフェノールなど、複数の成分が脂肪分や糖分の体内吸収阻止を援護射撃する仕組みになってます。


またメタバリアは、食事が不規則な人や、つきあいで食事回数が多い営業職やビジネスマンの方、生活そのものが不規則なためホルモンバランスが崩れやすく、そのため脂肪をため込みやすい夜勤と日勤の繰り返しの人、などにぜひ試していただきたいですね。

生活リズムが一定でいつも腹八分を心がけている人には、逆にこういったサプリメントは不要だと思いますし、できればサプリメントの力を借りないでよい、規則正しい生活を送る事のほうが重要だと思います。

⇒ 富士フィルムのサプリ【メタバリア】



なぜ飲むだけで痩せるのか?納得の理由はこちらから